いわき市 クラウドファンディングによる宿泊施設支援を計画

いわき市は、5月21日に市長記者会見を実施し、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う休業および、客足減少に苦しむ宿泊施設を支援することを目的に、一般社団法人いわき観光まちづくりビューローが主体となって、クラウドファウンディングを行うことを発表した。

クラウドファウンディングは、1口5,000円からを予定しており、指定した宿泊施設で利用可能な7,000円分のチケットを返礼品として用意する計画。また、1口10,000円から500,000円の寄付も併せて募集し、10,000,000円の支援金獲得を目指すものとした。

募集期間は、6月上旬から中旬とすると共に、チケットの利用期間は、令和2年9月1日から令和3年2月28日までの利用を予定している。
尚、詳細等に関しては、後日発表するものとした。

関連記事

ページ上部へ戻る