60代男性。新型コロナウイルスで発見が遅れ孤独死。

朝日新聞の報道によると、原発事故で浪江町から南相馬市の災害公営住宅に避難していた60代男性が13日に孤独死していることが発見された。事件性は無く、死後数ヶ月と見られる。

報道によると、男性は原発事故により、浪江町から南相馬市に避難しており、浪江町社会福祉協議会が毎月見回り訪問を行なっていた。しかし、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、2月中旬から対面訪問をインターホン越しや電話でのやりとりに変えており、3月4日に男性と接触した際に問題は確認されていなかった。

本記事に関する詳細は朝日新聞デジタルまで
https://www.asahi.com/articles/ASN5M76KDN5MUGTB00G.html?iref=pc_ss_date

関連記事

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る