警報、情報基に避難20% 台風19号、大雨被災13市町の避難意識を調査 福島県調査

【福島民報ニュース】

 昨年十月の台風19号と記録的大雨で被災した13市町の避難住民に対する県の調査で、避難した理由を複数回答で尋ねたところ、気象警報や避難情報を理由としたのは多くても20%程度にとどまった。一方、最多は「雨の降り方が激しく身の危険を感じたから」の42.6%で、早期の避難を促すための情報発信の在り方が課題に浮かんだ。県は台風が多発する時期を前に、災害に関する情報伝達施策を強化する。(続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。

関連記事

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る