唾液PCR、福島県が導入 安全迅速に採取 新型コロナで方針

【福島民報ニュース】

新型コロナウイルス感染拡大の第二波に備え、県は二日、感染を調べるPCR検査で受検者の唾液を検体に使用する方針を決めた。厚生労働省が実施を認めたのを踏まえて判断した。現在主に行われている鼻の奥の粘液を綿棒で取る方法よりも、安全で簡単に検体を採取できる。医療関係者の感染リスク低減にもつながる。県は各検査機関で準備が整い次第、速やかに導入する。

 唾液による検査は、症状が出てから九日以内の人を対象とする。受検者に医療機関などで唾液を容器に出してもらうだけで検体を採取できる。これまでの検査方法と大きな違いはなく、現在の機器と検査キットを使用できる。(続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。

関連記事

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る