居住者6割まで回復 楢葉町、あす避難指示解除から5年

【福島民報ニュース】

東京電力福島第一原発事故に伴い楢葉町に出されていた避難指示が解除され5日で5年を迎える。

県内外から多くの客が訪れている道の駅ならはの物産館

住民基本台帳人口に占める町内居住者は6割近くまで回復し、復興に向けまちづくりが進む。一方、事業所では働き手の確保が難しさを増している。

 町の避難指示は2015(平成27)年9月5日に全町避難の自治体として初めて解除された。

町の7月末現在の町内居住者は4,025人で、前年同期より204人増えた。2017年4月に町内で再開したあおぞらこども園の園児数は、再開時の38人から現在は102人になり、子育て世代の帰還が着実に進んでいる。

一方、町内居住者数の伸び率は年々低くなっている。町は策定中の第六次町勢振興計画基本構想案に将来人口の目標値を盛り込み、帰還や移住・定住の促進を図る考えだ。

続きを読む

【関連ニュース】

7月有効求人倍率1.19倍 福島労働局
福島県内雇用さらに悪化 福島労働局集計 解雇、雇い止め倍増
バブル崩壊後以来の有効求人倍率の下げ幅
6月県内求人倍率1.22倍 7カ月連続前月下回る

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る