楢葉の田んぼにアマビエ 新型コロナ終息を願う

【福島民報ニュース】

楢葉町で疫病を払うとされる妖怪「アマビエ」を描いた田んぼアートが見頃を迎えた。新型コロナウイルスの早期終息を願い、7色8種類の稲で手を合わせる姿を表した。

新型コロナウイルスの終息を願い、大きなアマビエが描かれた田んぼアート

 いわき市の福島田んぼアートプロジェクト(市川英樹代表)が制作した。大きさは横12メートル、縦70メートルあり、田んぼに隣接する高台から一望できる。新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなったタレントの志村けんさんの追悼と、県民への励ましの意味を込め、志村さんの代表的なギャグ「だいじょうぶだぁ」の文字を添えた。

続きを読む

【関連ニュース】

【イベント】田植えから始め、田んぼアートを完成させよう

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る