川俣のトンネル工事写真集に 技術者の誇り追う

【福島民報ニュース】

国内外で活躍する写真家の山崎エリナさん(神戸市出身)が川俣町の114号国道・泡吹地(あわふくじ)トンネル(203メートル)の工事現場に密着した写真集「トンネル誕生」がグッドブックスから発刊された。山崎さんが県内の建設現場で撮影した写真集は二冊目。
「技術者の使命感と、かっこよさを知ってほしい」と願う。

写真集の一部に収められた山崎さんの作品

 2018(平成30)年2月から2019年8月まで約1年半かけて撮影した。十数回にわたり、東京から足を運んだ。現場監督が施工起点の平面図を確認するシーンから始まる。掘削開始前の山の斜面、坑口部分の木々伐採、安全祈願など準備段階から撮影。掘削、貫通、コンクリート打設など徐々にトンネルが形作られる過程を丹念に追っている。

 危険と隣り合わせの現場で、住民の利便性向上のため懸命に作業する技術者の誇り高さや人間味あふれる姿を活写している。貫通し光が差し込む坑内、トンネルを覆う防水シートの輝きなど、光と影が織りなす厳かな現場の雰囲気を伝えている。
続きを読む

山崎エリナさんの写真集「トンネル誕生」
(クリックするとAmazon.co.jpに遷移します)

【関連ニュース】

【川俣町】川俣シルクで熱吸収マスク 斎脩絹織物が販売
【川俣町】あじせん楓亭が福島三大鶏で丼!20日から販売。売上の一部を寄付へ
「エール」ゆかりの地 川俣町を特別ブックの配布を開始
川俣町の竹屋菓子店で古関裕而さん飴発売(しょうゆ味)
【川俣町ミツフジの着衣型端末「ハモン」、京都府が導入 国内初、新型コロナ軽症者を遠隔で健康管理
川俣の「道の駅」リニューアル 新型コロナで1カ月遅れ
伝票に「古関」の押印 古関裕而さん川俣銀行勤務時代 県歴史資料館で見つかる

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る