福島牛1頭分は「いちい」へ JAのクラウド活動で最高額

【福島民報ニュース】

福島県内でスーパーを展開している「いちい」(本社・福島市)は、JA全農福島などが福島牛の消費拡大に向けて取り組む福島民報社のクラウドファンディング「フレフレふくしま応援団」で、最高支援金額が設定された「一人限定 ザ・VIPコース」に申し込んだ。返礼品となる福島牛一頭分の牛肉の贈呈式は、6日までに同社で行われた。

渡部本部長から目録を受ける伊藤社長(左)

 ザ・VIPコースは支援金額99万9999円で、サーロインやヒレなど計約360キロを部位ごとに分割して贈る。

 贈呈式では、JA全農福島の渡部俊男本部長が伊藤信弘社長に目録を手渡した。伊藤社長は「古里のおいしい肉の販売などを通じ、応援していきたい」とあいさつした。

続きを読む

【関連ニュース】

福島牛食べて応援!!民報クラウドファンディング支援金募る(目標2000万円)
相馬野馬追。クラウドファンディングで資金を募る
大桑原つつじ園 (目標金額300万円)

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る