福島で初霜と初氷観測 12日県内、今季一番冷え込み

11月12日の県内は高気圧に覆われ晴れたが、放射冷却の影響で各地で今季一番の冷え込みとなった。福島地方気象台は福島市で初霜、初氷を観測した。初霜は平年より3日遅く、初氷は2日早い。

同気象台によると、檜枝岐村、飯舘村、北塩原村桧原で氷点下5.2度となるなど29地点で今季の最低気温を更新した。

福島市では水たまりに氷が張り、荒川の堤防沿いでは霜が降りた。早朝はマフラーを巻くなどし、白い息を吐きながら散歩する住民の姿が見られた。

13日の県内も高気圧の影響で晴れるが、寒冷前線が夕方から夜にかけて東北地方を通過するため、会津では次第に曇りになり、雨の降る所もある見込み。

関連記事

ページ上部へ戻る