名称は「虹色スマイルプロジェクト」 高坂小(いわき)の医療従事者応援作戦

【福島民報ニュース】

いわき市の高坂小(大石正文校長)が取り組むブルーライトアッププロジェクト(仮)の名称が「虹色スマイルプロジェクト」に決まった。4年生以上の有志約20人によるプロジェクトメンバーが今後、企画運営を担っていく。

ライトをスマイルマークに並べる児童

 これまで新型コロナウイルスの最前線で闘う医療従事者に感謝を伝えようと、手作りのブルーライト200個を点灯させてきた。

 等間隔に設置してきたライトを、思いや願いを込めたデザインにすることで、多くの人に元気を届けたいと、全校生からデザインを募り、メンバーが3種類を選んだ。

 15日から吉田羽那さん(4年)が提案した「ニコニコマーク」、22日から今枝みさとさん(6年)の「星」、29日から尾沢美羽さん(5年)の「元気」デザインを点灯させる。
続きを読む

【関連ニュース】

医療ガウンの生産拡充 南相馬のエイブル山内工場 出荷5倍、400万着超
医療従事者と海外に”想い”届け いわき市の小学校が ブルーライト製作へ
ライト作り始まる いわき・高坂小児童 医療従事者の応援準備着々
ブルーライトアップ。なぜ”青”?

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る