フラガールショー7月再開 4カ月ぶり チーム、練習に力

【福島民報ニュース】

新型コロナウイルスによる休業を経て7月1日に営業を再開するいわき市のスパリゾートハワイアンズでは、フラガールショーが約4カ月ぶりに上演される。ダンシングチームは18日、観客の前で踊る喜びをかみしめながら練習に打ち込む姿を報道陣に披露した。キャプテンのアウリイ晴奈さん(いわき市出身)は「皆さんの笑顔を見るのが楽しみ」と意欲を示した。

4カ月ぶりのショーに向けて練習に打ち込む晴奈さん(手前)

 感染拡大を防ぐため3月4日からショーは中止となった。2011(平成23)年の東日本大震災と東京電力福島第一原発事故でもショーに出演できなかった時期が続いた。その経験は、どんな苦難でも努力すれば乗り越えられるとの信念につながり、前を向く姿勢につながっている。

 休業によって落ちた筋力の回復に向けトレーニングに取り組み、密接を避けようとチームの34人を2班に分けて稽古を積んだ。動きを合わせるために、両班のダンスを動画に撮影し、緻密な動作を確認し合った。
続きを読む

【スパリゾートハワイアンズに関してはこちらをご参照ください】
URL:https://www.hawaiians.co.jp/
当面の営業時間&営業施設に関して:https://www.hawaiians.co.jp/info06.html

【関連ニュース】

スパリゾートハワイアンズ 営業再開を決定
「フラガール」マスク手作り いわき市に100枚寄贈
(クリックすると関連記事に遷移します)

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る