福島県内38人感染確認 新型コロナ・高校クラスター17人に、病床使用63.1%

 福島県は三十八人の新型コロナウイルス感染が確認されたと十四日、発表した。郡山市が十三日に発表した郡山女子大付高バレーボール部の部員ら八人と県立テクノアカデミー会津が同日発表した六十代男性職員一人を含んでおり、新たな感染判明は二十九人。いずれも十三日に陽性が判明した。十三日現在の入院者数は予定を含め二百九十六人となり、病床使用率は63・1%と過去最高を更新した。県内の感染者は累計千三百三十七人。

 新たに感染が分かった二十九人には郡山女子大付高バレーボール部の部員三人が含まれており、部内でのクラスター(感染者集団)は十七人に拡大した。

 この他、福島大の学生一人がおり創作ダンス発表会に関連したクラスターは三十六人となった。白河市の飲食店「ショーパブNEO(ネオ)」の利用者一人の陽性も判明し、店舗でのクラスターは三十二人に膨らんだ。三十八人のうち、感染経路不明は十五人。

 県発表の三十八人の内訳は次の通り。

 ◆13日発表(12日判明分)▼郡山市・12人=10代学生女性7人、50代教員・スタッフ男性、40代教員・スタッフ男性、10代学生男性、30代会社員女性、20代会社員男性▼会津若松市・4人=60代公務員男性、40代会社員男性、60代無職男性、90代無職女性▼白河市・2人=50代会社員男性、30代会社員男性▼棚倉町・1人=60代会社員女性▼二本松市・1人=70代会社員男性▼須賀川市・2人=30代会社員女性、10歳未満女児▼南相馬市・2人=40代無職男性、20代会社員女性▼いわき市・8人=60代無職女性、20代会社員女性、40代会社員男性2人、90代無職男性2人、50代自営業男性、60代自営業男性▼福島市・4人=10代学生女性2人、20代学生男性、90代無職女性▼下郷町・1人=50代会社員男性▼田村市・1人=30代会社員男性

■県内20人退院 退所は13人

 県内で新型コロナウイルスに感染した入院者二十人が十三日、県内の医療機関を退院した。宿泊療養施設入所者十三人も同日、退所した。県が十四日、発表した。

 十三日現在の入院者は宿泊療養施設への入所者を含め三百五十九人で、このうち重症者は九人となっている。

■児童1人感染の小学校臨時休校 須賀川市教委発表

 須賀川市教委は十四日、市内の児童一人の新型コロナウイルス感染確認と、児童が通う小学校の臨時休校を発表した。

 市教委によると、県が同日発表した感染者に含まれている。同日から臨時休校とし、校舎内を消毒している。十八日に再開する予定。児童は九日から登校しておらず、校内に濃厚接触者はいないが、念のため他の児童と教職員の健康状態を確認しているという。

 児童が通う児童クラブも十四日、臨時閉館とした。十五、十六の両日を登館自粛要請期間とし、家庭での対応が不可能な児童のみを受け入れ、十八日の再開を予定している。

関連記事

ページ上部へ戻る