広野のキッズゾーン 運用始まる 福島県内初

 広野町は十七日、路面表示などを通して通行するドライバーに注意を喚起し園児らを交通事故から守る「キッズゾーン」の運用を始めた。キッズゾーンの設置は県内初。 

 町内では東日本大震災後、復興関係の工事車両の通行が増えている。町は広野こども園から半径五百メートル以内にある町道約千三百五十メートル区間をキッズゾーンに設定。区間内の路面七カ所を緑色などに塗装し、ドライバーに注意を呼び掛けている。 

 キッズゾーンは二〇一九(令和元)年五月に大津市で散歩中の園児らが死傷する事故が発生したのを受け、国が創設した。全国の市町村への導入を推奨している。

関連記事

ページ上部へ戻る