福島県産水素活用し最長航続距離世界記録を更新 いわき市出発の燃料電池車

 福島県産水素を活用して燃料電池車(FCEV)の最長航続距離に挑戦していたモータージャーナリスト国沢光宏さん(63)と国沢さんの知人らは29日、1度の水素充填(じゅうてん)で走る距離の世界記録を更新した。1040・5キロを走行し、今年5月にフランスで記録された世界最長とされる1003キロを大幅に上回った。

 日本で記録を更新しようと企画し、トヨタ自動車と根本通商(いわき市)の協力を受けて実施した。28日にいわき市のいわき鹿島水素ステーションをトヨタ自動車の「MIRAI(ミライ)」で出発し、交代で運転。千葉県の房総半島を経由し、東京都に入った。その後、首都高速道路を走って、距離を伸ばした。29日午後3時ごろに都内の豊洲水素ステーションでゴールした。

 国沢さんは「水素の次世代エネルギーとしての魅力を伝えることができたと思う。とてもうれしい」と話した。

関連記事

ページ上部へ戻る