福島県大熊町職員1人が新型コロナ感染 庁舎一時閉鎖、1日から通常開庁

 大熊町は町役場本庁舎に勤務する一般事務職員が感染したと30日発表した。町は30日午後4時30分から庁舎を閉鎖し、庁舎内の消毒作業を行った。職員は町民窓口業務ではなく、町は7月1日から通常通り開庁し、業務を行う。

関連記事

ページ上部へ戻る