体操橋本「金」で日本男子3連覇 競泳の大橋は女子初2冠 柔道女子新井も「金」 バド桃田賢斗(富岡高出身)は1次敗退

 東京五輪第6日の28日、体操の男子個人総合決勝で橋本大輝(19)=順大=が金メダルを獲得した。競泳女子200メートル個人メドレーは大橋悠依(25)=イトマン東進=が400メートルとの2冠を達成。柔道の女子70キロ級は新井千鶴(27)=三井住友海上=が制し、日本の金は13個となり、前回リオデジャネイロ五輪を上回った。体操の同種目で日本勢は内村航平(32)=ジョイカル=の2連覇に続く3大会連続優勝で、体操のメダルは五輪で通算100個目に達した。日本の女子選手が1大会で複数の金メダルを獲得したのは夏季五輪初。冬季では2018年平昌大会のスピードスケートで高木菜那が2種目で優勝している。

 バドミントン男子シングルスは、世界ランキング1位の桃田賢斗(26)=NTT東日本、富岡高出身=が1次リーグで敗退した。

 競泳男子200メートルバタフライの本多灯(19)=アリーナつきみ野SC=は銀メダルを取った。ボクシング女子フェザー級の入江聖奈(20)=日体大=は準決勝進出。3位決定戦がないため銅メダル以上が確定、日本女子初のメダルとなる。

 サッカー男子の日本は1次リーグ最終戦でフランスに4―0で勝ち、3連勝で準々決勝に進んだ。

 08年北京五輪以来3大会ぶりに復帰の野球は福島県福島市の県営あづま球場で1次リーグが開幕。日本の「侍ジャパン」はドミニカ共和国に4―3で逆転サヨナラ勝ちし、白星スタートを切った。

 卓球女子シングルスの伊藤美誠(20)=スターツ=は準決勝、テニス男子シングルスで前回銅メダルの錦織圭(31)=日清食品=は準々決勝進出を決めた。

関連記事

ページ上部へ戻る