コロナ禍収束を願いステッカーとマスク作成 福島県牛乳普及協会 赤べことアマビエをデザイン

 福島県牛乳普及協会は、コロナ禍の収束を願い、赤べことアマビエをデザインしたステッカーとマスクを作成した。

 イベント開催が難しい中、牛乳の普及活動に役立てようと福島県牛乳普及協会が作った。病気や災難から逃れられると言われる赤べこと、疫病退散にちなんだアマビエを配した。

 福島県牛乳普及協会事務局の矢野恵さんは「福島のおいしい牛乳を飲んで健康になり、コロナに負けずに頑張りましょう」と呼び掛けている。

関連記事

ページ上部へ戻る