秋の高原を彩る赤ソバの花 福島・田村

 赤ソバの花が福島県田村市都路町岩井沢のアウトドア施設「グリーンパーク都路」で見頃を迎えた。愛らしいピンクの花が、秋の高原を彩っている。

 赤ソバは、ネパールなどヒマラヤ山脈の麓が原産とされる。同市は東京五輪・パラリンピックでネパールのホストタウンとなった。交流の象徴として2019年から市が赤ソバを栽培している。今年は約90アールの畑に作付けした。

 市観光交流課によると、花は10月中旬ごろまで楽しめそう。

関連記事

ページ上部へ戻る