エゴマ生産一層推進 田村・2団体で協議会発足

【福島民報ニュース】

エゴマの生産を一層推進しようと、田村市のエゴマ生産振興協議会と船引町生活研究グループ協議会エゴマ部が統合し、市エゴマ振興協議会が発足した。ブランド化に力を入れ、産地としての知名度向上に努める。

機械を使ってエゴマの苗を植える参加者

 エゴマ生産振興協議会は生産、船引町生活研究グループ協議会エゴマ部は加工と販売に、それぞれ取り組んできた。生産から加工、販売までを一つの組織で担えば効率がよいと判断し、統合した。エゴマの品質を高めるとともに、担い手の確保、商品づくりなどに当たる。会長には、エゴマ部の根本君江さんが就いた。
続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る