全業務1カ所に集約 台風19号被害小川支所仮設庁舎で開始 いわき

【福島民報ニュース】

台風19号で浸水被害を受けたいわき市小川支所は22日、同支所の駐車場跡地に設置したプレハブの仮設庁舎で業務を始めた。これまでは、機能を支所二階と小川公民館に分散していたが、全業務が再び一カ所に集約された。

仮設庁舎で業務を開始したいわき市小川支所

 支所は夏井川の氾濫で床上1.7メートルほど浸水した。今月上旬に仮設庁舎の整備が完了し、備品の搬入などを進めてきた。門馬将洋支所長は「業務を集約し、市民の皆さんの不便を解消できて良かった。さまざまな情報を届けていきたい」と話した。
続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る