思い出ようやく手元に 双葉の若者9年半ぶりの母校

【福島民報ニュース】

東京電力福島第一原発事故が発生した際に双葉町内の小中学校、幼稚園に通っていた当時の子どもたちが22日、約9年半ぶりに町内の学びやを訪れ、置き去りになっていた学習用具や思い出の品を持ち帰った。

教室に張られた写真を凪沙さんに紹介する航さん(左)=双葉北小

 双葉中、双葉北、双葉南の両小、ふたば幼稚園の4施設に、保護者らを含め約170人が訪れた。当時、双葉北小2年だった高校3年の吉田航(わたる)さん(17)=宮城県名取市に避難=は、双葉北小に入学予定だった現在中学3年の妹、凪沙(なぎさ)さん(15)と一緒に来た。道具箱に入った文房具や、壁に張られた自分の写真を懐かしそうに紹介した。2階の教室から町の風景を眺めると、まだ真新しい自分の家が見える。「また活気のある町になってほしい」と願った。

続きを読む

【関連ニュース】

見学会で最後の別れ 2021年度解体の浪江5小中学校
浪江町:解体前に思い出の学び舎を見学しませんか?
富岡町が解体前の富岡第一小学校の動画を公開
富岡第二小学校の映像を公開 黒板に書かれた「またいつか、この教室で会いましょう!!まさみ先生より」というメッセージも

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る