主要な感染症大幅減 新型コロナ対策波及か

【福島民報ニュース】

福島県内で毎週定点調査している主要な感染症の咽頭結膜熱(プール熱)、感染性胃腸炎、インフルエンザの患者数が、前年までの過去4年間の同時期と比べ大幅に減少し、最少となっている。新型コロナウイルスの感染防止対策として飛沫(ひまつ)や接触を防ぐ「新しい生活様式」が波及しているとみられる。県感染症対策アドバイザーを務める福島医大感染制御学講座の金光敬二教授はマスク着用や手指消毒など感染防止対策の継続を県民に呼び掛けている。

 ■福島医大金光教授「マスク、消毒継続を」

 福島民報社が2015(平成27)年から2020(令和2)年までの県感染症発生動向調査報告書のデータを基に分析した。プール熱と感染性胃腸炎は50の小児科定点医療機関、インフルエンザは83の定点医療機関に報告のあった患者数。

 プール熱は第1週(昨年12月30~今年1月5日)から第33週(8月10~16日)までの患者数が421人で、前年同期と比べて548人(57%)減少した。感染性胃腸炎は同じ期間の患者数が3523人で、前年同期比2498人(41%)の減だった。

 インフルエンザは冬季の感染が多いため、プール熱と感染性胃腸炎と調査開始時期が異なり、シーズン開始の昨年第36週(昨年9月2~8日)から今年第33週までの患者数が19043人で、前年同期と比べ10812人(36%)の減となった。

続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る