「来年は立派な野馬追を」 相馬野馬追2日目 縮小し例大祭

【福島民報ニュース】

国重要無形民俗文化財「相馬野馬追」は中日の26日、南相馬市原町区の相馬太田神社で例大祭を開いた。同神社に供奉(ぐぶ)する中ノ郷の騎馬武者ら13人が臨み、新型コロナウイルスの収束、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの復興を願った。

甲冑姿で例大祭に臨む中島会長(右)ら中ノ郷の騎馬武者

 例年、相馬太田神社の例大祭は中日にメイン会場の雲雀ケ原祭場地で開催される本祭りで実施し、宇多郷、北郷、小高郷、標葉(しねは)郷の騎馬武者と共に武運長久、地域の安寧を祈願する。

(続きを読む)

【関連ニュース】

武士の魂疫病に屈せず 相馬野馬追開幕
相馬野馬追25日開幕 新型コロナで行事大幅縮小
JR原ノ町駅城壁風に 「相馬野馬追」文化、歴史伝える
地元児童描いた野馬追指旗飾る 原町JC
野馬追イメージのキャラクターシール 南相馬観光協が作成
「野馬追手拭いマスク」相馬市の千客万来館で販売
相馬野馬追。クラウドファンディングで資金を募る
学ぶは楽しい。受難の時代の野馬追
相馬野馬追 無観客・規模縮小で実施
「エール」主題歌を使ったPVを公開。浜通りの各市町村も!

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る