道の駅なみえで内覧会 1日一部供用開始 町議ら料理試食

【福島民報ニュース】

8月1日に一部供用開始する浪江町幾世橋の道の駅なみえで28日、内覧会が開かれた。

道の駅なみえのフードテラスで、提供される料理を確認する町議ら

 県内34番目の道の駅で、6号国道と114号国道が交差する場所に整備された。敷地面積は約34,000平方メートル、建屋面積は約2,900平方メートル。建物は木造平屋で県産材をふんだんに使った。地場産品にこだわった食事などを提供する「フードテラス」、産地直売所、焼きたてを並べる「まちのパン屋」が入る。

続きを読む

【関連ニュース】

浪江の鈴木酒造店 10年ぶり古里へ 道の駅で再開
8月に一部供用開始 道の駅なみえ フードコートや直売所

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る