復興状況を視察 避難12市町村有識者検討会

【福島民報ニュース】

東京電力福島第一原発事故により避難区域が設定された12市町村の将来像に関する有識者検討会の委員は27日、川内村、浪江町、葛尾村を視察し、復興状況を確認した。2015(平成27)年にまとめた政府への提言内容の見直しに反映させる。

遠藤村長(手前)と懇談する大西座長(左)=川内村・いわなの郷

 大西隆座長(東大名誉教授)と家田仁座長代理(政策研究大学院大教授)が訪れ、各町村長から古里再生に向けた現状や地域の振興策を聞き取った。

 川内村では、いわなの郷で遠藤雄幸村長らと意見を交わした。遠藤村長は、来年四月に開校する義務教育学校について紹介し、「帰還を進めるために、子育てや教育環境の充実を図っていかなければならない」と語った。

続きを読む

【関連ニュース】

開館は9月20日 震災資料展示や防災研究 双葉の県伝承館
飯舘、浪江で復興状況確認 菅家復興副大臣が視察
川内村のニュース
浪江町のニュース
葛尾村のニュース

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る