飲食店爆発1人死亡 郡山 改装工事中、ガス漏れか

【福島民報ニュース】

 30日午前8時55分ごろ、郡山市島2丁目44-30、飲食店「しゃぶしゃぶ温野菜郡山新さくら通り店」で爆発があった。郡山署、郡山地方広域消防本部などによると、店内の改装に携わっていた仙台市太白区、会社員古川寛さん(50)が死亡し、少なくとも男女19人が重軽傷を負った。鉄骨平屋の店舗が大破し、骨組みだけになった。周辺の事業所や住宅、病院、学校などの窓が割れたり、屋根や壁が損壊したりして被害は広範囲に及んだ。県警と消防は、ガス漏れが原因とみて詳しい状況を調べている。

爆発で吹き飛び骨組みだけが残る「しゃぶしゃぶ温野菜郡山新さくら通り店」の店舗(中央)。右奥は毎日民報桑野販売センター

 県警本部や、「しゃぶしゃぶ温野菜」を展開するレインズインターナショナル(横浜市)によると、郡山新さくら通り店は新型コロナウイルスの影響で4月から休業し、8月3日の営業再開を前に今月21日から改装工事が行われていた。古川さんは工事を受注した小西造型(仙台市)で現場責任者を務め、30日も店を訪れていた。

 レインズ社などによると、前日の29日は下請け業者の作業員らと古川さんが店内で作業した。故障した厨房(ちゅうぼう)のガスこんろを電気こんろに交換するため、コンセントを増やす工事などをしていた。

続きを読む

【関連ニュース】

郡山市で爆発

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る