白幡のいちょう

伊達政宗が新地に攻めてきた際に持っていた、イチョウのムチを逆さにさしたものであるという伝説から「さかさいちょう」とも呼ばれています。
 黄色い絨毯の上から雄大な大木を見上げるのも風情があります。遠目から白幡神社の赤い鳥居を中心にして撮ると青空に黄色のいちょうが映えます。

春先のイチョウ(2020年3月撮影)

近隣に駐車場等はございません。

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る