修学旅行悩む学校 新型コロナ拡大で訪問先、日程に苦心

【福島民報ニュース】

首都圏をはじめ全国の都市部などでの新型コロナウイルス感染拡大を受け、県内の中学校の多くは修学旅行の訪問先や日程を決められず、頭を悩ませている。春先の流行に伴い、日程を春から秋に延期し、実施時期を見定めてきたが、依然として収束が見えない中、難しい対応を迫られている。一方、実施を決めた学校は東京方面を回避するなどして感染防止対策に万全を期して臨む。

修学旅行の実施決定を受け、訪問先の地図を見ながら行程などを協議する福島大付属中の教員

 伊達市の6校は関西方面への旅行を4月から9月に延期したが、大阪府などでの感染者急増を踏まえ、行き先変更を検討している。

 校長の一人は「受験や他の行事を考えると時期をさらに後ろ倒しにすることは難しい。何とか実施したいが、保護者から不安の声も聞こえる」と苦しい胸の内を明かす。

 会津若松市の若松四中も、日程や行き先が決まっていない。9月上旬に2泊3日で東京方面に向かう計画だったが、都内などでの感染拡大で白紙になった。

続きを読む

【関連ニュース】

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る