特産モモのマドレーヌ考案 ふたば未来学園高と保原高

【福島民報ニュース】

広野町のふたば未来学園高と、伊達市の保原高の生徒が伊達市産のモモを使って考案したマドレーヌは10月に発売される。マドレーヌのレシピ提供セレモニーが4日、ふたば未来学園高で開かれた。

赤間さんにレシピとマドレーヌを手渡す星さん(中央)と白石さん(右)

 伊達市や環境省が規格外のモモの活用に向けて取り組んでいるプロジェクトの一環。ふたば未来学園高の生徒がレシピを考案し、保原高の生徒がパッケージをデザインした。

 伊達市のパティスリーアリュメットパティシエの赤間佑太さんが、生徒のレシピを基に商品を製造する。伊達市農林業振興公社が販売元となり、市内の道の駅などでの販売を予定している。

続きを読む

【関連ニュース】

手製の調味料を贈り復興後押し ふたば未来高生が東電に
さくらタピオカ始めました ふたば未来高生が考案、富岡の桜イメージ

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る