世界へ取り組み発信を 復興と脱炭素目指す大熊、浪江

【福島民報ニュース】

小泉進次郎環境相は19日、東京電力福島第一原発事故による帰還困難区域を抱える大熊、浪江の両町長に対し、来年11月に英国で開かれる国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)出席を打診した。両町は2050年までに二酸化炭素(CO2)実質排出量ゼロを目指す環境省の「2050ゼロカーボン宣言」に賛同している。原発事故からの復興と脱炭素のまちづくりを目指す取り組みを世界に発信する。

「大熊・双葉 環境まちづくりミーティング」に出席した(左から)小泉環境相、吉田町長、伊沢町長

 富岡、大熊、双葉、浪江の各町視察後、報道陣に示した。大熊は太陽光など自然エネルギーの活用、浪江は燃料としての水素の生産といった取り組みを進め、CO2排出量の抑制につなげる方針。
続きを読む

【富岡町、大熊町、双葉町、浪江町のニュース】

富岡町のニュース
大熊町のニュース
双葉町のニュース
浪江町のニュース
(クリックするとニュース一覧が表示されます)

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る