新型コロナでホープツーリズム中止 震災教訓、伝え続けねば

【福島民報ニュース】

東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の被災地を巡る企画「ホープツーリズム」が新型コロナウイルス感染拡大の影響で実施できない状況に、関係者は「震災十年目の重要な時期に、教訓や復興を発信する機会が失われかねない」と懸念を抱く。「被災地の今を伝え続けなければ」。使命感を胸に、オンライン動画での交流など新たな取り組みで活路を探る。(続きを読む

オンラインでの視察受け入れを模索する菅野さん。後方は津波で甚大な被害を受け、震災遺構として整備される請戸小=浪江町(c)福島民報

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。

関連記事

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る