ロボットテストフィールド入居企業が3億円の資金調達

福島ロボットテストフィールドに入居する長距離無人航空機の研究開発を行う研究開発型ベンチャー企業「テラ・ラボ」は20日、3億円の資金調達を行ったことと、災害対策長距離無人飛行機の実用化および、事業化することを発表した。

実用化を目指す長距離無人航空機

関連記事

ページ上部へ戻る