福島県内学校で通常授業再開 新型コロナ感染予防に工夫

【福島民報ニュース】

新型コロナウイルス感染拡大で休校や分散登校が続いていた県立高校や公立学校などで一日、通常授業が再開し、校舎ににぎやかさが戻った。各校は感染予防に工夫を凝らしながら児童生徒の安全を確保する。

マスクを着用して登校するいわき総合高の生徒=1日午前8時ごろ、いわき市(C)福島民報

いわき市のいわき総合高では夏服を爽やかに着こなした全校生徒約六百人が次々と校門をくぐった。今週は授業時間を五分短縮し、生徒の状況把握や三年生の進路相談に力を入れる。総合学科三年の佐藤悠翔(ゆうと)さん(17)は「授業の遅れを取り返しながら、外出自粛で落ちてしまった体力も回復したい」と語った。(続きを読む

英語の授業でフェースシールドを着用して会話する国見小の児童=国見町(C)福島民報

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。

関連記事

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る