施設、飲食店の混雑を“見える化” 会津大発ベンチャーがサービス販売開始

【福島民報ニュース】

 会津大発ベンチャー企業のシンク(本社・会津若松市)は4日、施設や飲食店の混雑具合を可視化するサービス「クラウドスコープ」の販売を開始したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大防止を支援する。

 既に設置されている監視カメラを活用できる。ネットでクラウドとつなぎ、カメラから一分おきに送られてくる静止画をAI(人工知能)が分析。混雑しているかいないかを判断する。混雑状況は専用のホームページを通じて施設や店に知らされるほか、利用者側も施設などのホームページを閲覧することで情報を得られる仕組み。人の混み具合を「見える化」することで、密集を避ける行動を促す。

続きを読む

株式会社シンクについてはこちらをご覧ください。

【関連ニュース】

会津大学学生・卒業生がテイクアウトマップの提供を開始

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る