【川俣町ミツフジの着衣型端末「ハモン」、京都府が導入 国内初、新型コロナ軽症者を遠隔で健康管理

【福島民報ニュース】

川俣町に生産拠点を置くミツフジ(本社・京都府)の着衣型端末「hamon(ハモン)」が、新型コロナウイルスに感染した軽症者を遠隔で見守る機器として京都府に採用された。(続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。

関連記事

ページ上部へ戻る