感染拡大予防ガイドライン 3密対策経営に負担

【福島民報ニュース】

新型コロナウイルス感染拡大の第二波に備え、県内の飲食店や宿泊施設など「三密」になりやすい業種の関係者は、感染拡大予防のガイドラインに沿った対応を進める。一方で、来店者の人数制限や設備投資などの対策が経営に重くのしかかる。国の補助では「足りない」と切実な声も上がる。さらに、同じ業種の中でも運営規模や形態が施設ごとに異なるため、ガイドラインが現場の実態に合わない事例も出ている。安心できる環境づくりに工夫を凝らすと同時に、事業継続できるよう国や県に支援を求めていく。(続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。

関連記事

ページ上部へ戻る