飯館村の菅野村長が勇退

飯館村の菅野村長が2020年10月までの任期限りで引退する方針を決めたことが分かりました。

菅野村長は、平成8年の村長戦で初当選を果たし、現在任期6年目となっています。在任中は、東日本大震災、東京電力第一原発事故で住民の避難を指揮したほか、震災後は避難指示解除などに力を発揮してきました。

また、「いいたて村の道の駅 までい館」や「いいたて希望の里学園」の整備など、村の再生に向けた政策がひと段落したことから、今後の町政は情熱を持った新しい人にバトンタッチしたいと、引退する方針を明らかにしました。

関連記事

ページ上部へ戻る