高校野球代替大会組み合わせ決定 18日開幕、71チーム・81校出場

【福島民報ニュース】

全国高校野球選手権福島大会の代替大会となる福島2020夏季高校野球大会の抽選会は1日、郡山市の郡山ユラックス熱海で開かれ、組み合わせが決まった。

 「いわき連合(福島高専・好間・四倉)」、「小野・長沼・塙工連合」、「福島南・川俣・梁川」、「相馬農・新地」、「会津連合(猪苗代・大沼・田島・坂下)」の連合5チームを含む71チーム・81校が出場する。1、2回戦の日程と球場は2日午後に県高野連のホームページで発表する。
移動・宿泊での感染リスクを減らすため、原則的に対戦する両チームから最も近い球場を割り当てる。

(C)福島民報

 抽選会では松浦冬樹県高野連会長、花沢興一県野球連盟会長らがあいさつした。予備抽選で6支部の代表者が抽選の順番を決めた後、本抽選で各校の監督や部長がくじを引いた。新型コロナウイルスの感染予防のため選手は出席しなかった。
続きを読む

【関連ニュース】

【速報】磐城高校を選抜高校野球代替試合に招待
高校競技の代替大会開催へ
福島県合唱8月29&30日 コンクールと音楽祭部門
福島県高体の代替大会ガイドライン公表 一般入場禁止など盛り込む
新型コロナ受け福島県高体の代替大会 体操・新体操も開催

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る