コロナに父母奪われ みとることもできず 東京の男性

【福島民報ニュース】

新型コロナウイルスによって国内で亡くなった人は1000人を数える。多くの場合、最期をみとることもできないまま最愛の人を奪われた。都内の50代男性は父母を相次いで亡くし、自身と妻も感染した。全国で再び感染が広がる中、「誰もが突然、遺族や感染者になり得る」と警鐘を鳴らしている。
(東京支社編集主任・斎藤直幸)

新型コロナで父母を失った陽一さん。家族写真を手に「あれから時が止まったようなんだ」と語った

 広告代理店社長の石山陽一さん(55)は4月9日に父の良雄さん(83)、同22日に母の信子さん(82)を新型コロナで失った。

 「まさに地獄絵だった。あれから3カ月。時が止まったようなんだ」

 良雄さんが体調を崩したのは4月1日。高級クラブが軒を連ねる東京・銀座で飲んだ数日後だった。高熱が続き、陽一さん夫妻と同居していた自宅のトイレで立ち上がれなくなった。3日、4日と救急車を呼んだが感染の可能性が高いとして、搬送先の病院が2日続けて見つからなかった。

続きを読む

【関連ニュース】

感染心配 帰れぬお盆 新型コロナ再拡大で、家族のため我慢
郡山の30代男性感染 経路不明、24人濃厚接触 新型コロナ

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年2月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
ページ上部へ戻る