日本橋ミデッテに桃が初入荷!

福島県の首都圏情報発信拠点「MIDETTE(ミデッテ)」に8日、福島県の夏の果実である「桃」が初入荷しました。

福島の桃は、イギリスのジョンソン現首相が「福島の桃を食べたい」と言ったほど、日本とイギリスの友好関係を陰で支える立役者でもあります。

ミデッテでは、「桃」に加えて、先日河野防衛大臣がイギリス大使館に持参した手土産としても知られる桃ジュース「桃の恵み」も販売しています。

仕事で少し疲れた時に、桃の甘みと旨味、トロっとした飲み感が疲れを吹き飛ばしてくれるので、お仕事の共にも是非お飲みください。

(C)日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ) 

また、6月22日より、令和元年酒造年度全国新酒鑑評会 入賞酒飲み比べフェア」を開催しています。価格は、6種飲み比べで1,800円、3種飲み比べで1,000円、2種飲み比べで700円で、1種だけで400円でお飲みいただけます。

今回の飲み比べフェアにて提供している日本酒は、令和元年酒造年度全国新酒鑑評会にて入賞した廣戸川(天栄村)、寿々乃井(天栄村)、三春駒(三春町)、花春(会津若松市)、金水晶(福島市)、あぶくま(田村市)の6種で、共に大吟醸酒になります。

新型コロナウイルスの影響で、帰省が出来ない。
行きたくても行けない等の悩みをお持ちの首都圏在住の方は、ミデッテで福島の味をお愉しみ頂けます。

【関連ニュース】

英国首相も欲する福島の桃。
いわき市の四家酒造店含む福島県産酒33銘柄入賞 過去10年で最多 全国新酒鑑評会

【ミデッテについて】

営業時間:
10:30〜22:00(平日)
11:00〜18:00(土日祝日)

住所:
東京都中央区日本橋室町4-3-16柳屋太洋ビル1階

Facebookページ

関連記事

ページ上部へ戻る