南相馬市・メルティンMMI イノベ構想実現へ協定

【福島民報ニュース】

南相馬市とサイボーグ型ロボットの研究開発を進める「メルティンMMI」(本社・東京都中央区)は1日、福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想の実現に向けた協定を結んだ。

協定書を交わす門馬市長(右)と粕谷社長

市内の小中学生向けに授業を行い、ロボット関連産業の人材教育に取り組む。

同社は、土木や建設現場で人間に代わって作業するロボットの実用化を目指している。将来的には原発や災害対応の場面での応用も考えている。市内原町区の市産業創造センターに工場を構えている。若手人材の育成に力を入れるほか、市内で実証試験を本格的に実施する。

 市は、同社の研究開発を全面的に支援する。試験場の提供や地元企業の紹介などに取り組む。

続きを読む

【関連ニュース】

主要 陸海空ロボットなど最先端技術に触れる 南相馬と浪江「ロボテス見学会2020」
「空飛ぶクルマ」有人飛行成功 福島ロボテス入居スカイドライブ
ロボットテストフィールド入居企業が3億円の資金調達

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る