さくらタピオカ始めました ふたば未来高生が考案、富岡の桜イメージ

【福島民報ニュース】

広野町のふたば未来学園高3年の金成美怜さん(17)は古里富岡町の夜の森地区の桜並木をイメージした「さくらタピオカ」を考案した。「町の魅力を若い世代に知ってもらうきっかけにしたい」と意気込んでいる。

さくらタピオカと缶バッジを見せる金成さん

 金成さんが富岡二小2年生だった時に東日本大震災が発生した。いわき市で避難生活を余儀なくされ、夜の森地区にあった自宅は帰還困難区域になった。自宅近くの桜並木の美しさを広く知ってほしいと商品を企画した。

 タピオカに牛乳と桜のフレーバーを加え仕上げた。ほのかな桜の香りと淡いピンク色が特徴で、桜の花を描いたカップと桜の木をイメージした紙ストローと共に提供している。
続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る