相馬・復興市民市場「浜の駅松川浦」25日オープン

10月25日にグランドオープンする相馬市尾浜の復興市民市場「浜の駅 松川浦」は、22日から24日までプレオープン期間として店舗営業を行う。
現在、商品搬入やレイアウト、スタッフの業務確認などの開店準備を進めている。

19日は現地で関係者向け内覧会が開かれた。
市、商工会議所、水産関連会社など九団体・個人が出資した「相馬市民市場株式会社」の社長を務める立谷秀清市長や草野清貴相馬商工会議所会頭ら施設運営関係者と、市議会産業建設常任委員会の議員ら合わせて約20人が出席し、売り場の配置や取扱商品などを確認した。

また、館内併設の食堂で相馬沖産の水産物を中心としたメニューを提供する「浜の台所 くぁせっと」では、出席者が「そうま海鮮九曜丼」「旬のカレイ三種御膳」などを試食した。

内覧と試食を終えた菊地清次市議会議長は「地元産の新鮮な魚を使った料理は格別においしかった。相馬の魅力を広く発信し、多くの人に末永く愛される施設になってほしい」と期待した。

22日からのプレオープン期間中、販売コーナーは午前10時から午後6時まで営業する。
25日のグランドオープン以降は午前9時から午後6時までとなる。くぁせっと」はいずれの期間も営業時間は午前11時から午後3時まで。

関連記事

ページ上部へ戻る