いわき市在住の環境省職員を詐欺の疑いで逮捕

福島県警は、福島地方環境事務所中間貯蔵施設浜通り事務所の任期付き職員でいわき市の齋藤充容疑者(62)と気仙沼市の会社員、佐土原英雄容疑者(63)を詐欺の疑いで逮捕しました。

両容疑者は、民間の建設会社勤務時の5年前、相馬市内の公共工事において、工事に無関係な3名を従業員として登録し、勤務したように装い3人分の給与64万円を騙し取った疑いが持たれています。

関連記事

ページ上部へ戻る