新型コロナ退散へ 合言葉は「お人形さま」 田村市、新生活様式示す

【福島民報ニュース】

田村市は、新型コロナウイルスの感染拡大に備えた「新しい生活様式」の定着に向け、独自の「たむら生活スタイル」を示した。地元に伝わる疫病からの守り神「お人形様」にあやかり、感染予防策を簡潔にまとめている。

田村市が作った、新しい生活様式を啓発するポスター

◆たむら生活スタイル

【お】お互いを守るため
【人】人と人の間隔はできるだけ2メートル(最低1メートル)空けよう!
【形】形式にとらわれず、行事などのやり方を見直そう!
【さ】3密(密集・密接・密閉)を避けて
【ま】「マスク着用」と「手洗い」が基本!

 市が作った「たむら生活スタイル」は5項目あり、先頭の文字を並べると「お人形さま」となる。いずれも感染を防ぐために重要で基本的な事柄だ。お人形様は悪疫退散を祈って江戸時代に始まったとされる習俗で、新型コロナ感染症の終息への願いも込めた。
(続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る