豪雨から命守る行動を 葛尾小・中で出前講座 相双建設事務所

【福島民報ニュース】

福祉県相双建設事務所は16日、葛尾村の葛尾小・中で「豪雨から子供の命を守る出前講座」を開いた。職員らは九州豪雨など土砂災害が多発している現状を踏まえ、大雨が降った際の早期避難の重要性を訴えた。

土砂災害の仕組みを伝える模型を通じ、早期避難の大切さを学ぶ生徒

 葛尾中の全校生徒5人が参加した。同事務所職員と県砂防ボランティア協会員が講師を務めた。豪雨被害に関する映像を流し、模型を使い土砂災害の仕組みを説明した。砂防ダムの役割も紹介した。
続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る