規模縮小条件に建設容認 伊達のイオンモール構想

【福島民報ニュース】

伊達市に計画されている大型商業施設「イオンモール北福島(仮称)」について福島市の木幡浩市長は17日、テナントが入る部分を示す総賃貸面積を5万平方メートル程度とするようイオンモール(本社・千葉市)に要請していると明らかにした。施設の規模縮小を条件に建設を認める形で、立地に向けた関係者の動きに影響を及ぼす可能性がある。

 木幡市長が定例記者会見で示した。具体的な面積を挙げたのは初めて。総賃貸面積5万平方メートルは、いわき市小名浜のイオンモールいわき小名浜と同規模となる。福島市の人口約28万人、伊達市の約6万人などを踏まえ、大型商業施設と福島市中心市街地の事業者が共存可能な規模と見込んだ。
続きを読む

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

ページ上部へ戻る