水揚げ額1億4300万円減 相馬双葉漁協 昨年度試験操業

【福島民報ニュース】

相馬双葉漁協の2019年度の試験操業の水揚げ数量は2,849トン(前年度比224トン減)、水揚げ額は15億5,100万円(同2億4,300万円減)となった。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故前の水準と比べると、水揚げ数量は約14%、水揚げ額は約20%にとどまっている。17日に相馬市の同漁協で開かれた総代会で報告された。

事業報告などを承認した総代会

 2019年度は、震災後初めて全魚種で出荷制限が解除されたが、昨年に続くコウナゴの不漁や台風19号による大雨や断水などの影響で全体的に水揚げ数量や金額が減少。同組合の当期利益も前年度比3,100万円減の2億1,900万円だった。
続きを読む

【関連ニュース】

今季シラス漁始まる 相馬双葉漁協が試験操業
相馬、松川浦のアサリ漁開始 採取・販売自粛解除で
待ってた初夏の味 小名浜に初ガツオ水揚げ
【相馬市】ホシガレイの稚魚放流 県水産資源研の8万匹
近県、海洋放出反対多く 風評対策必要性浮き彫り 処理水漁業団体アンケート

※ 本記事は福島民報社より提供を受けております。
※ 本記事及び、写真等の著作権は福島民報社に帰属致します。画像

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は teiki_kodoku.jpg です

関連記事

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る