夫婦獅子むつまじく舞う 新型コロナ退散一年の平安祈る 船引の大鏑矢神社

田村市船引町の大鏑矢(おおかぶらや)神社に伝わる夫婦(めおと)獅子舞の奉納は三日、同神社で行われた。雌雄の獅子がむつまじく舞い、一年の平安を祈った。

 例年は船引町内各地を巡るが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年は神社での奉納のみとした。太鼓とかねの音に合わせて二匹の獅子が寄り添うように踊った。夫婦獅子舞保存会長の橋本善孝さん(63)は「疫病が一日も早く退散し、良い年になってほしい」と話していた。

 八〇七(大同二)年、天から二つの獅子頭が舞い降り、大鏑矢神社に安置されたのが起源とされる。市の民俗文化財に指定されている。

関連記事

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る