「富岡魂」発売 富岡産米の純米大吟醸酒 とみおかプラス

 富岡町の一般社団法人とみおかプラスは十八日、町産の酒造好適米「福乃香」を使った純米大吟醸酒「富岡魂」の販売を開始した。

 町産米を使った日本酒は純米吟醸酒「天の希」、スパークリング日本酒「萌(きざし)」に続き三種類目で、純米大吟醸酒は初めて。町内の農家渡辺伸さんが生産した福乃香を使って二本松市の人気酒造が醸造し、「生酒」と「火入れ」の二種類を完成させた。富岡魂の名称には東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の逆境でも諦めない心と、新しいことに挑戦する勇気と気概を込めた。価格は生酒、火入れとも七百二十ミリリットル入り二千三百円(税込み)で、町内のさくらモールとみおか内にある同法人事務局で数量限定販売している。

 十八日は町文化交流センター「学びの森」で発表会が開かれた。同法人の大和田剛代表理事があいさつし、宮本皓一町長に完成した日本酒を手渡した。宮本町長は「おいしい日本酒を味わい、町に親しんでほしい」と述べた。ラベルを揮毫(きごう)した郡山市の書道家千葉清藍さんによる書のパフォーマンスも行われた。

 大和田代表理事は「フルーティーな味わいで飲みやすい。交流人口の拡大につながってほしい」と語った。

関連記事

ページ上部へ戻る